Blog from Japan

210

好評発売中のBlue最新号にSURF A PIG・STORE・・・

と云いますか、筆者が掲載されています。

 

筆者もこれまで数多くのマガジンに掲載させて頂きましたが、いやはや・・・

これは流石に照れますねぇ。

 

それもその筈・・・

誌面には著名なプロサーファーの方々を中心に有名サーフショップのオーナー達が挙って登場しているのです。

 

筆者的には「その中に居て良いんだろうか?」と思ってしまいますが、こういう事は素直に嬉しいものでしてお声を掛けて頂いたBlueの戸井田編集長に感謝です。

 

しかしまぁ、随分と格好良く撮って頂いたものです。

自分じゃないみたいです。

 

本当にありがとうございました。

 

  

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

SNSの情報の速さは本当に恐ろしいモノがありますねぇ。

 

筆者が数週間に渡って書き綴って行こうと構想を練りながらブログを更新している傍らで、早々にブラックボードType2がアップされてしまいました。

 

まぁ、実際には「筆者がアップする様に!」とマイクに投げ掛けたのですが、ここのブログではインスタグラムからでは伝わらない部分を補足して書き綴って行ければと思っています。

 

まずは、こちらがブラックボードType2のシェイパーを務めるロジャー・ハインツです。

 

1972年からシェイプを開始し、半世紀近くのキャリアを持つカリフォルニアを代表する剛腕シェイパーです。

 

シールビーチの多くのサーファーから愛され、病から復帰を遂げて以来、彼の下には毎日の様にオーダーが入るという人気を未だに誇っています。

 

彼はシェイプからラミネートまで一貫して自身で行っている事もあり、熟せるサーフボードの生産には限りがありますが、そこがまた良いんですよね。

 

そんな、彼の下に筆者の代わりに頻繁に足を運んでミーティングを重ねてくれたのがSURF A PIGの主宰であるマイク・ブラックです。

 

今回のブラックボードType2の構想は筆者が主としてリーディングをさせて頂きましたが、彼のシグネチャーモデルとしてリリースしているブラックボードですので彼の意見も多大に反映されている事からマイクもご覧の満足ショットを送ってくれました。

 

ブラックボードType1ではアイコン的な意味合いもあり、SURF A PIGのディケールオンリーとなりましたが、Type2では敢えてロジャー・ハインツとのコラボレーションである事を強調する為にご覧の様なダブルネームとなっているのが特徴です。

 

そして、特徴と云えば・・・

このフィンです。

 

このフィンに至っては本当に時間が掛かりました。

 

世のコロナ禍の為にカリフォルニアに出向くとが出来ず、メールでのやり取りが中心となった訳ですが、やはり、メールでは限界がある為に現代ツールを駆使してFaceTimeを活用して何度もミーティングを行い完成に至りました。

 

このフィンの詳細は改めてブログにて綴って行きたいと思っていますが、まずは完成した事を本日はご報告させて頂きました。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

先週の更新で触れたロジャー・ハインツとの新しいプロジェクトですが、本日はその辺りを少々綴ってみたいと思います。( と云いますか既にマイクがインスタグラムにて全容を出してしまっていますが・・)

 

以前のブログでブラックボードType1のコンセプトをご紹介したかと思いますが、この度、新たに始まるプロジェクトはブラックボードのType2としてリリースするPIGになります。

 

Type1がアイコン的な要素の下に誕生したPIGに対してType2は、これまでのマイクがPIGに乗り続けてきた経験とスキルを反映した様なPIGになります。

 

現在、マイクはブラックボードType1とピーターのPIGを愛機としていますが、その双方の良さを汲み入れたPIGになると豪語していました。

 

ベースとして参考にしたのは1950年代のベルジー&ジェイコブスのPIGなのですが、ここにマイクの拘りのテール形状を汲み入れ、更にType2のシェイパーを務めるロジャー・ハインツ経験に基づいたボトムを採り入れる事になります。

 

ブログを書き綴っていた時点でアウトラインのシェイピングは終了しており、ご覧の画像がロジャー・ハインツから送られれ来ました。

この画像からでは全体のアウトラインは確認出来兼ねますが、気になるのはこのフィンです。

以前、この画像をインスタグラムにアップした所、お問い合わせ多々あったので簡単に触れてみたいと思います。

 

このフィンはアフリカ産のゼブラウッドという素材を用いている様で、仕上げの工程後には綺麗な縞模様が出て来るのが特徴の様で、ビンテージPIGでも時折確認出来る事があります。

ロジャーのお気に入りの素材だそうです。

 

そして、気になるもう一枚の一葉・・・

ここからでは確認し辛いですが、マイクのシグネチャーモデルと云う事で、このボードもかなりのフラットデッキが予想されます。

このフラットデッキをどの様にロジャーが仕上げているのかが非常に気になる所です。

 

そして、このボードのディケールはロジャーとSURF A PIGのダブルネームになる事が決まっています。

 

マイク曰く、「Type2は完全に乗る事を前提に構想した」との事なので、筆者も完成が非常に楽しみでなりません。

 

SURF A PIG・STOREにも入荷して来ますので、気になる方はチェックして頂ければと思います。

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

以前、インスタグラムでご覧の画像をアップさせて頂いたのをご存じでしょうか?

 

右はSURF A PIGの主宰であるマイク・ブラック。

左はシールビーチの巨匠、ロジャー・ハインツです。

 

マイクがロジャーを訪ねた時の一葉なのですが、実はこの画像の真意は新たなるブラックボードのプロジェクトが潜んでいるんです。

 

ある程度、筆者からロジャーへのPIGの要求を投げ掛け、そこにマイクのPIGへの情熱、そして、理想のテール形状を創るべく数式のデータ。

 

「バルサの時代のPIGをフォームで再現しよう!」と、こんなテーマを掲げてのプロジェクトがスタートしました。

 

タイトル画像の二枚のフィンのどちらかが・・・

実は新たなるブラックボードに装着されるフィンであったりします。

 

この画像の真意が答えとなる日も間近に迫っています。

楽しみにして頂けたら幸いです。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

ここ最近、ブラックボードの取材を受ける事が多くなって来ました。

 

サーフマガジンは勿論ですが、サーフィンを枠を飛び越えてファッション系の雑誌等でも取材を受ける様になりました。

 

そこで、本日はSURF A PIGのブラックボード・・・

Type1のコンセプトみたいな事を改めて綴ってみたいと思います。

 

SURF A PIG・JAPANの活動はアパレルウェアを展開する事が切っ掛けでスタートした事はこれまでにも綴って来ました。

 

発信ツールとしましてはインターネットは勿論ですが、ファッションマガジン、サーフマガジンなど様々なジャンルから発信して来ましたが、活動開始直後にアパレルのコレクションショーへの出店に声が掛かりました。

 

この話を主宰であるマイク・ブラックに伝えると彼はかなり興奮していた様で、「俺達のアイコンを創ろう!」となったのです。

 

それは例えばポスターだったり、サインボードだったりと様々な題材が上がりましたが、話が進んで行く内に「サーフボードはどうか?」と筆者が持ち掛けました。

 

これがブラックボードの企画の誕生です。

 

「アイコンにするならば目立たなければ駄目だな!」となり、1959年に公開された映画「ギジェット」を参考にサーフボードの企画が始まりました。

 

ギジェットはフォームのサーフボードが誕生して間もない頃の作品である事から参考にするには最高の題材となり、ご覧のラージロゴに採用に至った訳です。

 

また、アウトラインに至ってもPIGを強調出来る様なアウトラインをマイク・ブラック自身が数式に基づいて書き起こし、そして、レジェンドであるスティーブ・ブロムがシェイプを担当すると云う夢の様なプロジェクトがスタートしたのです。

 

企画当初は単なるアイコン的なサーフボードが出来上がれば良いとしていた筆者とマイクではありましたが、ここで大きなアクシデントが起こります。

 

それはスティーブの手によって、単なる看板であったサーフボードが抜群の乗り味を生み出してしまったのです!

 

これは嬉しい誤算と云いますか・・・

筆者もただ驚くばかりでした。

 

アイコン的なボードであるが故にType1と命名し、後日、PIGの乗り味を追求したType2の企画構想が無用となってしまった程でした。

 

正に、恐るべしスティーブ・ブロム!

 

この裏話はいつか機会があればブログで語ってみようと常々おもっていましたが、ようやく本日更新する事が出来ました。

 

あのデビッド・ヌヒワを震撼させた剛腕スティーブ・ブロムのPIG。

機会があれば、是非、トライして頂ければと思います。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

お客様からオーダー頂いているバルサPIGの制作模様がシェイパーであるロジャー・ハインツから送られて来ました。

 

コチラの画像はロジャーが厳選に厳選を重ねたバルサ材です。

 

このバルサ材にテンプレートを当て込みアウトラインを落とし込んで行きます。

 

そして、シェイプ歴49年を誇るロジャーのゴッドハンドが唸りを上げます。

削って、削って、削りまくります。

うーん・・・

凄いですね。

 

単なる角材がサーフボードの面影を醸し出して来ました。

そして、全体のアウトラインが略出来がったのがこちら画像です。

この後はいよいよ最終行程となりますが、一体どんなバルサPIGが出来上がるのでしょうかね?

筆者も完成が楽しみでなりません。

 

新しい画像が届きましたら、またアップさせて頂きますので楽しみして頂ければ幸いです。

 

 

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

先日、カリフォルニアのマイクから、こんな写真が送られて来ました。

何だか二人とも楽しそうですね。

 

「君たちは何をしているんだい?」と尋ねると・・・

 

「何もしていない」、「ただ、スティーブとワイワイ楽しくやっているだけだよ」と、興奮状態のマイクが想像できる様な文面がそこにはありました。

 

「スティーブは元気かい?」と筆者が尋ねると、「スティーブはバリバリだぜ!」と、これまたマイクらしい文面が送られて来ました。

 

実は、こんな写真が結構マイクから筆者の下に送られて来るのですが、気になったのはスティーブが抱えているボードです。

 

ブラックボード・Type1

そろそろ届くんでしょうかね?

 

お待ち頂いているお客様もいるので非常に気になるところです。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

先週の更新で新作のプリントTシャツをご紹介させて頂きましたが、思った以上にご好評を頂いおります。

 

お買い上げ頂きました方々には心から感謝申し上げます。

 

さて、今週も新しいデザインのTシャツをご紹介させて頂きます。

こちらです。

モチーフは見ての通り・・・

ミリタリーとなっています。

 

ミリタリーとサーフィン・・・

実は意外に関係が深く、ベトナム戦時において多くのサーファーがカリフォルニアに別れを告げ、戦場へと足を向けた事は様々な史実で語り継がれれいます。

 

そんな、当時の背景を汲み入れたデザインとなっています。

サイズは36~42、カラーはご覧のオリーブドラブとなっています。

WEBショップ及びSURF A PIG・STOREにて好評発売中です。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

 

先日、お客様から「バルサPIGが欲しい!」と、ご相談を受けました。

 

お話しを伺っていると興味本位ではなく、「本当に欲しい!」と云う気持ちが犇々と伝わって来たのでお手伝いをさせて頂く事になりました。

 

しかし、そのお客様のご要望は少々ハードルが高く、「これは歴戦のレジェンドに削らせないと駄目だな」と思う程でした。

 

因みに、気になるご要望ですが・・・

兎に角、「継ぎ接ぎのバルサはNG!」と、ここはかなり強調されていました。

 

また、ロッカーの角度やフィンの付け位置等など・・・・

バルサPIGをかなり勉強されているらしく、久々に筆者を滾らわせてくれる要望でありました。

 

まぁ、ここまでの要望だと削らせるのはただ一人・・・

ロジャー・ハインツしかいません。

 

入念なロジャーとの打ち合わせをし、早速、資材の調達に入ってもらいました。

 

目指すのは1950年代のバルサPIG!

 

ロジャーは最高品質のバルサ材を求める為に「少し時間をくれないか?」とだけ言い残して電話を切りました。

  

それから数週間後、「最高のバルサが見付かったよ!」、「これは本当に素晴らしいバルサだ見てくれ!」と、メールを送って来ました。

  

そして、早速、アウトラインの制作に取り掛かったのですが、継ぎ接ぎ無しの実に良いバルサである事が確認出来ました。

更にロジャーはフィンの制作にも入り、2つのサンプルを創ってくれました。

どっちのフィンが着くかは完成後のお楽しみですが、この段階まで見ていると「間違いなくお客様に満足して頂けるバルサが完成する!」と云う確信が持てた様な気がします。

SURF A PIGのTシャツに身を包み、日本のPiggerの為に魂の入ったバルサボードが間もなく完成しようとしています。

どんなボードが完成するのか?

筆者も楽しみでなりません。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

既にインスタグラムの方ではご紹介させて頂いおりますが、今年もSURF A PIGのプリントT がリリースとなりました。

 

今年のデザインの根元は・・・

Vintageウェアを参考にアレンジしたデザインとなっています。

 

ご紹介するこちらのデザイン・・・

もう、お判りですよね?

こちらはアメリカンプリントTシャツには欠かす事の出来ないカレッジデザインとなっています。

大学のキャンパスで見掛けそうなデザインで、ここにアイコンであるPIGを採り込んでいます。

 

サイズ展開も36〜42の4サイズとなっており、カラー展開はご覧のネイビーのみとなっています。

気になる方は是非お試し頂ければ幸いです。

 

Surf A Pig・Store及WEBショップにて好評発売中です。

 

 

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

 

自然の恵みを存分に満喫しているのがサーファーである訳ですが、本日は同様に自然の恵みを得て誕生した・・・

所謂、天然石のアクセサリーをご紹介させて頂きます。

 

そうです、昨年もご好評を頂き瞬く間に完売となったパワーストーンの最新作をご紹介させて頂きます。

こちらです!

今年のパワーストーンはスモーキークォーツです!

ルチルクオーツに代表させるクオーツ系のストーンは非常に人気があり、しかも、モノによってはかなり高額のモノもありますが、SURF A PIGでご紹介するストーンはリーズナプライズのスモーキークォーツです!

 

スモーキークォーツは大地の力が宿っていると云われており、眠っていた潜在能力や直感力を引き出す効果があるとも云われております。

また、波動を整え精神を安定させる効果もあると云われています。

 

と、正にサーファーにとっては最高のストーンな訳です。

 

そんなストーンに沿う様にご覧のSURF A PIGのロゴを刻印した水晶を宛がえ、今期のリリースとなりました。

昨年、、同様に専用の巾着袋に入れての販売となります。

是非、日焼けした肌にSURF A PIGのストーンを着けて頂けたらと思います。

 

STORE及びWEBショップにて好評発売中です。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

先日、お客様から「登録しているPIGって、結構、多いんですか?」と、質問がありました。

 

どの程度の数量を多いかと判断するのは難しいですが、遠方の方を始め、海帰りの方などが態々ボードをお持ちになって下さっている事を考えると、登録本数としては多い方では無いかと思っています。

 

皆さんのご協力の下で成り立っている登録制度ですが、SNSでのご紹介及びブログでのご紹介が非常に遅れているは聊か胸の痛い所ですが、お時間が掛かった分だけしっかりとご紹介して行きますので、今後もご協力を頂ければと思っています。

 

さて、本日はこちらのボードです。

 

レジェンド、スティーブ・ブロムが削るSURF A PIGのオリジナルボード、ブラックボードです!

コチラのボードは他のオーナーの方の登録時に一度ご紹介をしていますので、ここでは簡単なご紹介にさせて頂きますが、こうしてアウトラインを見ていると、「流石はレジェンドのPIG!」と、絶賛したく成る程ですね。

 

筆者もマイク同様に、このボードを愛機としていますが、テイクオフが非常に速いんですよね。

 

筆者は余りテイクオフが速い方では無いので、このボードに乗ると自分が「上手くなった?」と、勘違いしてしまう程です。

 

また、このリバースフィンが本当に良く機能してくれるんです!

「リバースフィンってどうなの?」と度々尋ねられる事がありますが、筆者的には「Dフィンであって、Dフィンではない!」ってこと意外に説明が出来ない程機能してくれます。

 

そして、ディケールは1960年代初頭のカリフォルニアでは良く見受けられたラージロゴを意識してデザインされたこちら!

クリアでありながら強烈なインパクトを放っているのは云うまでもありませんね。

そんな、パンチのあるブラックボードを「006」にて登録させて頂きました!

今後も素晴らしいPIGをご紹介して行きますので、どうぞよろしくお願い致します!

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

これまで登録させて頂いたPIGを振り返りますと「日本には本当に素晴らしいPIGがあるんだなぁ」と、強く思います。

 

そもそも、PIG自体が豪華絢爛な創りをしているモノが多く、そこに更なるスパイスを降り掛けてあるボードも存在する訳ですから筆者的には「PIG=究極のサーフボード」だと思っていたりします。

 

さて、そんな筆者の妄想は置いておいて・・・

早速、本日も登録されたPIGをご紹介して行きましょう!

 

こちらです!

こちらのPIG・・・

なんと、あのロビン・キーガルにワンオフで創らせたPIGなのです!

このボードまでロビン自体は「PIGタイプ」は削っていた様ですが、本格的なPIGは創っていなかった様です。

 

長い時間を掛けてロビンにオーファーをし続け、誕生した唯一無二のPIGだそうです。

 

このPIGはベルジーのPIGを参考にしながらも、各所にロビンのスパイスがふんだんに掛けられており、レールの創り込み及びテールの創り込みは「稀代の天才」を余す所なく発揮されています。

 

フィン一つ取ってみても本当に素晴らしい創り込みとなっており、ロビンのPIGへの想いが詰め込まれた感があります。

そんな、唯一無二のロビンのPIGを「036」で登録させて頂きました!

いあや、本当に素晴らしい!

そして、美しい!

 

サーフボードには・・・

いや、PIgには浪漫が詰まっていますねぇ。

 

今後も素晴らしいPIGを探求してご紹介して行ければと思っています。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

この春より新たなスタートを切ったNALUマガジンに小規模ながらもクライアントして参加せて頂きました。

 

誌面後方のショップガイドにはクライアントの証となるショップガイドにも掲載して頂いていますので、是非、チェックして頂ければと思います。

 

SURF A PIG・Storeはサーフショップではありませんが、先週ご報告させて頂きましたBlue並びにNALUと共にサーフマーケットシーンに微力ながら参加していきたいと思っております。

 

どうぞ宜しくおい願い致します。

 

 

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

いつもお世話になっているBLUEマガジンに、この度小規模ながらSURF A PIGもクライアントとして参加させて頂く事になりました。

 

誌面にお馴染みのPIGロゴが君臨しておりますので、是非、チェックして頂ければと思います。

 

本日は簡単ではありますが、ご報告をさせて頂きました。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

春が待ち遠しいですねぇ。

湘南方面より南では既にブーツ無しでサーフィンをされている方もチラホラといらっしゃる様ですが、筆者がホームとしているポイントではまだまだブーツは欠かせません。

 

そう考えると日本って、南北が長いんですね。

 

小春日和が訪れ掛けている列島ですが、本日もスペシャルPIGを登録させて頂きましたのでご紹介したいと思います。

こちらのボードです!

クーパーフィッシュのブラックボードです!

ブラックボードの名はSURF A PIGのオリジナルボードでも使用されていますが、クーパーレーベルからも同名のボードがリリースされております。

これは、このボード自体がマイク・ブラックのシグネチャーモデルとしてリリースされた経緯からであります。

 

今回ご紹介するボードはジーン・クーパー自らが削り上げ、マイク・ブラックが愛機としていたモノと同じデザインで創られたボードになります。

フォームはストリンガーレスとなっており、ジーン・クーパー曰く、このフォームにする事で「バルサと同じ様なフット感を感じられる」との事の様です。

 

カラーはマイク・ブラックのパーソナルカラーでもあるブルーを主にフォームの色味を活かした仕様となっており、カリフォルニア感溢れるデザインが特徴となっています。

そして、ジーン・クーパーのPIGと云えば・・・

このフィンです!

最後尾に装着された傾斜の掛ったフィンはマイク・ブッラクのダイナミックなサーフィンには必要不可欠で、マイクの旧友であるジーン・クーパーならではの計らいの証でもあります。

 

そんな拘り満載のPIGを「009」で登録させて頂きました!

日本には素晴らしいPIGが「沢山ある!」を主とし、今後も沢山のPIGをご紹介して行ければと思っていますので、ご協力を賜れれば幸いです。

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

まだまだ寒さが厳しいこの頃ですが・・・

皆さん、サーフィンを楽しんでいますか?

 

冬は人も少なく思い切ったサーフィンを楽しめる時期なので、この時期こそ「PIGにトライをする!」なんて事があっても宜しいのではないでしょうか?

 

さて、そんなPIGですが、本日も素晴らしいPIGが登録されていますのでご紹介させて頂きます!

 

こちらのPIGです!

こちらは1960年代初頭にハーバーからリリースされたヴィンテージPIGを忠実に再現して復刻させたボードです。

この時代のハーバーのPIGはジェイコブスと袂を分けていたベルジーが「下請け」という形でハーバーのPIGを制作していたと云われており、アウトライン自体もベルジーのアウトラインである事がしっかりと確認出来る程です。

 

フィンはタイガーストライプ調を感じる事が出来るソリッドウッドが贅沢に使われている所等、ワンオフ感溢れる創り込みとなっています。

いやぁ、美しいフィンですねぇ。

うっとりします。

 

そんな、ワンオフのスペシャルPIGを「034」で登録させて頂きました!

日本には素晴らしいPIGがまだまだあると聞きます。

それはヴィンテージしかり、モダンしかり、ドメスティックしかりと様々ですが、是非、それらをご紹介させて頂ければ嬉しい限りです。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

ここ最近、ずっと、サーフボードのレジストリーネタが続いていましたので本日はSURF A PIG・JAPANの根源でもあるアパレルネタを綴らせて頂きます。

 

と云いますのも・・・

今春の最新作としてご好評頂いているワッチキャップが入荷したからなのです。

 

しかも、新色のネイビーです!

折り返しの部分にはSURF A PIGのアイコンがバッチリと刺繍されており、オリジナル色もバッチリと発信しております。

今回のワッチキャップもこれまで通り、アメリカ製となっていますので被るだけでカリフォリニアを感じて頂けるのではないでしょうか?

素材はコットなので通年通して愛用して頂きますので、コーディネートのツールとしてだけでなく、海上がりの身だしなみのツール、としてご利用頂ければと思います。

 

SURF A PIG・STOREにて好評発売中です!

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

如何に時代が経過しても絶対に色褪せる事のないサーフィンが映画があると云われています。

 

一つはジョン・ミリアスの「ビッグウェンズデー」。

そして、もう一つはブルース・ブラウンの「エンドレスサマー」。

 

本日ご紹介するPIGは、そのエンドレスサマーの劇中でロバート・オーガストの愛機として登場したPIGの完全復刻ボードです。

エンドレスサマーが撮影されていた時代・・・

サーフボードの殆どがPIGでした。

 

主役のロバート・オーガスト、マイク・ヒンソンは勿論の事、ランス・カーソン、ウェイン・ミヤタ等も全てPIGを乗っていました。

 

この時代のサーフボードは全てPIGであり、この映画を切っ掛けに次世代のボードが次々と生まれて行き、今に繋がっていると云っても過言では無いと思います。

 

ディケール越しに見えるストリンガー・・・

この時代のジェイコブスのPIGはホワイトピグメントを施し、この様な仕様のボードが多数存在しているのですが、このPIGも復刻としてそれらを忠実に採り入れています。

そして、見事なのがフィンです!

同タイプのボードがロバート・オーガスト本人からもリリースされていましたが、このPIGはロバートのPIGでは成されていないディティールがしっかりと採り入れらています。

 

 そんな、希少なPIGを「035」で登録させて頂きました。

筆者はプロのライターでは無いので表現力に乏しい文面となってしまいがちですが、こうして人様の素晴らしいボードを綴らせて頂く事は本当に有難い事です。

 

オーナー様には心から感謝申し上げます。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

本日紹介するボードを筆者が初めて見た時には本当に衝撃を受けました!

 

このボードに触れてみて思ったのは、現行のサーフボードが如何に乗り易く創られているかを知る事になりました。

 

決して、本日紹介するボードが乗り辛い訳ではありません。

しかし、このボードに触れる事によってロッカーの恩恵、キックテールの恩恵等、様々な事々に気付かされた様な気がします。

 

マイク・ブラックの愛機として既にインスタグラムでは幾度となく紹介されているボードこそが本日の紹介するボードです。

 

こちらのピーターの'50s Pigです!

一番の特徴は、やはり、全くロッカーのないデッドフラットではないでしょうか?

 

'50sの名の通り、この時代のサーフボードはフォームが普及するまで全てが木製でした。

木製故に、ロッカーを付ける事が出来ず、結果、当時のボードはその殆どがデッドフラット。

 

それを忠実に採り入れたのが、ピーターのボードになります。

最後尾に着けられたフィンは、しっかりとテールを踏み込まないと機能しない・・・

筆者がこれまで乗って来たPIGで出来ていた事がこのボードでは全く通じない。

サーフィンを基本の全てを要求されるボードです。

 

そんな癖のありそうなこのボードですが、しかし、一度波と一体化するとマニューバを容易に描ける事はマイク・ブラックのライディングが証明しています。

 

そんな、'50s PIGを「021」で登録させて頂きました。

PIGにはヴィンテージを始め、バルサ、モダンと・・・

更にはモダンの中にも様々な区分けが出来る程の様々な種類のボードがあります。

 

そんなPIGをこれからも出来る限り紹介したいと思いますので、ご協力頂ければ嬉しい限りです。

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00         祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休