専用ディケールの採用

随分と秋らしい陽気になってきましたねぇ。

筆者が通うポイントは辛うじてトランクスでサーフが可能ですが、海から上がった陽気は確実に秋を感じる事が出来る気候となって来ました。

 

2022年のオータムサーフィンが訪れようとしていますね。

 

さて、そんな陽気の中ですが本日もマイクブラックのPIGの拘りを綴って行きたいと思います。

 

前回の更新でマイクとアダムの出会いをご紹介しましたが、この彼らのやり取りの中でマイクは一つのキーワードを初めてシェイパーに提案する事になります。

 

そのキーワードとは・・・

マイクがPIGに対して最大の拘りを持っているデッドフラットです。

 

ビール片手に意気投合したマイクとアダムは新しいシグネチャーモデルの企画にあたって様々な意見交換する様になります。

 

一つは先にも述べたデッドフラットです。

そして、重量を重くする事。

これは走り出してからのグライド感を損なわない為にマイクが要求したのですが、手法としては樹脂量を増やし、多くのストリンガーを採用する事をでした。

 

しかし、このストリンガーが切っ掛けで新しいシグネチャーモデルはとんでもない方向へと向かってしまうのですが、それは後程綴るとして、このやり取りの中でアダムがマイクに提案した事があります。

 

それは専用のディケールです。

 

この専用ディケールの発想は後のブラックボードType1へと繋がって行く事を思うと、それまでのジーン・クーパーやマット・カルヴァーニが手掛けたボードとは全く異なった思想となります。

 

さぁ、専用のディケールを伴ったボードは一体どんなボードになって行くのでしょうか?

 

それでは今日もPIGに乗ってサーフィンを満喫して行きましょう!

 

 

ブログ以外にもSNSにて情報を公開しています!

ぜひ、下記にアクセスしてみて下さいね!

SURF A PIG・JAPAN・Instagram→→こちら

SURF A PIG・Instagram →→→こちら

 

SURF A PIG・JAPANのオーナーブログのチェックもお忘れずに!

オーナーブログ→→→こちら

 

 

Surf A Pig・Store

茨城県つくば市古来758-1     029-863-5402

平日16:00〜20:00      祝日12:00〜20:00

水(祝日は営業)・土・日曜日 定休

※混雑時は電話に出れない場合がありますので予めご了承下さい。